NEWS AND NOTES ON PARTICIPATING TEAMS

Columbus, Vancouver prepare for MLS SuperDraft Consadole-Sapporo and Iwaki FC begin training in Japan

January 18, 2018 (日本文は下にあります)



Honolulu (January 18, 2018) – With the inaugural Pacific Rim Cup, powered by Under Armour, set to be played at Aloha Stadium on Feb. 8 and 10, please find below news and notes on the four participating teams: Columbus Crew SC, Vancouver Whitecaps FC, Hokkaido Consadole Sapporo and Iwaki FC.

1. PRESEASON SCHEDULES

・Columbus Crew SC
Players will gather for entrance physicals, tests and two training sessions on Jan. 24-25 in Columbus, Ohio. The group will then hold a camp from Jan. 26-Feb. 6 in Casa Grande, Arizona Jan. 26-Feb. 5 before traveling in Honolulu on Feb. 6.

・Hokkaido Consadole Sapporo
The team began training January 15 at Kin-cho Tohoku Stadium in Okinawa Prefecture, Japan, where they’ll remain through Jan. 31. Consadole Sapporo is scheduled to arrive in Honolulu, Oahu on Feb. 3 and remain on the island until Feb. 11.

・Iwaki FC
The club began practicing on Jan. 9 at the Iwaki FC Fields in Fukushima Prefecture, Japan, with training matches scheduled for Jan. 21 and Jan. 28 (vs. Fukushima United FC). Iwaki FC is scheduled to arrive in Honolulu on Feb. 4.

・Vancouver Whitecaps
Players will report for the start of training on January 22 at the Whitecaps facility in Vancouver, British Columbia. The group will train in Canada until they travel to Honolulu on Jan. 31, where they will train for nearly two weeks.

2. REGULAR SEASON DEBUTS
Consadole-Sapporo will kick off it’s 2018 J-League 1 campaign on Saturday, Feb. 24 when they visit Sanfrecce Hiroshima at EDION Stadium in Hiroshima. Columbus will open its 2018 MLS season on Sat., March 3 with a visit to MLS Cup champion Toronto FC. Vancouver kicks off their MLS season at home on March 4 against the Montreal Impact. Iwaki FC’s schedule for play in TOHOKU Member of Society Soccer League has not been announced.

3. INTERNATIONAL FLAVORS
While the Pacific Rim Cup includes teams from the United States, Canada and Japan, the four participating teams currently have players that represent 23 countries, including the six confederations.

As of Jan. 22, the rosters of Columbus, Sapporo, Vancouver, and Iwaki FC, include players from the USA, Canada, Japan...as well as Argentina, Brazil, Peru, Uruguay, Venezuela; Mexico, Honduras, Costa Rica, Panama; Iraq, Egypt, Ghana, Sierra Leone, Cameroon; England, Portugal; Australia, New Zealand, South Korea, and Thailand.

4. NATIONAL TEAM CALL-UPS
Five players from Columbus and Vancouver received the privilege to represent their respective national teams in January. Columbus captain and midfielder Wil Trapp, newly acquired forward Gyasi Zardes and goalkeeper Zack Steffen as well as Vancouver defender Tim Parker are all currently in camp with the U.S. Men’s National Team in preparation for a friendly match against Bosnia and Herzegovina on Jan. 28 at StubHub Center in Carson, California.

Meanwhile, Vancouver midfielder Alphonso Davies – the 17-year-old who won the Golden Boot as the top goal-scorer in the 2017 CONCACAF Gold Cup, as well as Best Young Player and Best XI honors – is with the Canadian Under-23 team in Orlando, Florida as the group holds its first camp with a look down the road at the Tokyo 2020 Olympic Games.

5. GET TO KNOW THE FOUR COACHES
Consadole Sapporo introduced Mihailo Petrovic as the club’s new head coach on Jan. 10. The 60-year-old Serbian coach most recently led J-League side Urawa Reds from 2012-2017, and had previously managed Sanfrecce Hiroshima from 2006-2011.

Columbus is led by former U.S. National Team World Cup defender Gregg Berhalter, who serves as the club’s Sporting Director and Head Coach. Berhalter, 44, and whose 18-year career included stints on clubs in Holland, Germany, England and the USA, has been at the helm of the Crew since the 2014 season.

Yuzo Tamura, 35, enters his second season managing Iwaki FC. The Shibukawa, Gunma-native was primarily a holding midfielder for J-League side Shonan Bellmare before retiring in 2011 and moving into the coaching ranks. Last season, Tamura led Iwaki to an improbable Second Round win over Consadole Sapporo in the 97th Emperor’s Cup before falling to Shimizu S-pulse in the Third Round

Carl Robinson enters his fifth season as head coach of the Vancouver Whitecaps after serving two as assistant coach. A former Wales international, the 41-year-old played 11 years in England and five in MLS before retiring following the 2011 season.

6. WORLD CUP TIES
This summer will see the biggest sporting event in the world – the 2018 FIFA World Cup – take place from June 14-July 15 throughout Russia. While that is a national team competition, the individuals with clubs playing in the Pacific Rim Cup have past – and, hopefully future – history with the most prestigious global tournament.

Columbus head coach Gregg Berhalter and assistant coach Josh Wolff were members of the USA’s teams at the 2002 FIFA World Cup in South Korea / Japan, and at the 2006 World Cup in Germany. Crew defenders Jonathan Mensah (2010 in South Africa, 2014 in Brazil) and Harrison Afful (2014) represented Ghana in the last two World Cups.

Consadole Sapporo midfielder Shinji Ono was only 18 when he made his World Cup debut for Japan at the 1998 World Cup in France. Ono also represented his country at the 2002 and 2006 World Cups. Sapporo’s Junichi Inamoto scored two goals for Japan at the 2002 World Cup, and also played in the 2006 and 2010 World Cups.

Vancouver currently has two players who played key roles in helping their respective national teams qualify for the 2018 World Cup. Whitecaps captain and defender Kendall Waston scored the goal that clinched his native Costa Rica a berth in Russia this summer. The Ticos, which advanced to the Quarterfinals of the 2014 World Cup, have been placed in Group E along with Brazil, Serbia and Switzerland.

Waston’s club teammate Yordy Reyna was a member of Peru’s National Team that defeated New Zealand in November to clinch the final spot at the 2018 World Cup. Peru will return to the world’s stage for the first time in 36 years, having been drawn to Group C along with France, Australia and Denmark.

Three other Whitecaps players with experience on their respective national teams will hold out hope to receive return calls to represent their countries in Russia: Aly Ghazal (Egypt), Bernie Ibini (Australia) and Nosa Igiebor (Nigeria).

Japan will face Colombia, Senegal and Poland in Group H.


Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armour
出場各クラブ情報のお知らせ


現地時間2018年2月8日 (木)、10日 (土)の2日間、ハワイ州ホノルルにて開催する、Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armourに出場するColumbus Crew SC, Vancouver Whitecaps FC, 北海道コンサドーレ札幌、そしていわきFCの計4クラブに関する情報を下記にてお知らせいたします。

1. プレシーズンスケジュール

Columbus Crew SC
オハイオ州コロンバスで、1/24 (水) , 25 (木) にシーズンインに向けた体力テスト、2回のトレーニングセッションのために選手達が集います。チームは1/26 (金) から2/6 (火) までアリゾナ州カサグランデにてキャンプを実施、2/6 (火) よりホノルルに入ります。

北海道コンサドーレ札幌
チームは1/15 (月) ~ 1/31 (水) まで沖縄県 金武町陸上競技場でトレーニングを実施、2/3 (土) よりホノルルに入ります。

いわきFC
福島県のいわきFCフィールドで1/9 (火) よりトレーニングを開始、1/21 (日) (対戦相手未定) と1/28 (日) (対福島ユナイテッドFC)に練習試合が予定されております。いわきFCは2/4 (日) にホノルルに到着する予定です。

Vancouver Whitecaps FC
選手達は、1/22 (月) よりWhitecaps FCの施設でトレーニングを開始、その後1/31 (水) よりホノルルにて2週間ほどトレーニングする予定です。

2. レギュラーシーズン開幕日程

北海道コンサドーレ札幌
J1 リーグ開幕 2月24日(土)対サンフレッチェ広島 @EDIONスタジアム

Columbus Crew SC
MLS 開幕 3/4 (日) 対 Toronto FC (MLSカップチャンピオン) @ BMO Field

Vancouver Whitecaps FC
MLS 開幕 3/4 (日) 対Montreal Impact @ BC Place

いわきFC
2018シーズンの東北社会人サッカーリーグ2部の日程は未定。

3. ロスターにおける国際性

Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armourに出場する4クラブはそれぞれ米国、カナダ、日本のチームで構成されているが、それぞれのチームには現在、6つの大陸を含む世界23カ国を代表する選手が在籍しています。

1/22(月) 現在、参加4クラブのロスターには、米国、カナダ、日本をはじめ、アルゼンチン、ブラジル、ペルー、ウルグアイ、ベネズエラ、メキシコ、ホンジュラス、コスタリカ、パナマ、イラク、エジプト、ガーナ、シエラレオネ、カメルーン、イングランド、ポルトガル、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、タイの選手が含まれています。

4. ナショナルチームへの招集状況

MLS 各クラブのトレーニング開始に先立ち、両クラブ合わせて計5名の選手が1月にそれぞれの代表チームに招集されております。Columbus Crew SCのキャプテン Wil Trapp選手、同クラブフォワードのGyasi Zardes選手とゴールキーパー Zack Steffen選手、Vancouver Whitecaps FCのディフェンダー Tim Parker選手は、現在、米国男子代表チームの、ボスニア・ヘルツェゴビナとの1/28 (日)、StubHub Centerでの親善試合に向けてキャンプに参加しております。

一方、2017年のCONCACAF Gold Cupでの得点王に授与されるゴールデンブーツを獲得した他、ベストヤングプレイヤー賞やベスト11にも選出された、 17歳のVancouver Whitecaps FCのミッドフィルダー、Alphonso Davies選手は、カナダのU23代表に招集され、フロリダ州オーランドにて、東京2020オリンピックへの道の最初のキャンプに参加しております。

5. 各チームの監督・コーチ情報

北海道コンサドーレ札幌は、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督をクラブの新監督として1/10に発表、60歳のセルビア人コーチは、近年Jリーグ 浦和レッズを2012年から2017年まで率い、以前はサンフレッチェ広島を2006年から2011年まで率いていました。

Columbus Crew SCは、元米国代表、ワールドカップ出場ディフェンダーであるGregg Berhalterが監督を務めており、クラブのスポーティング・ディレクター兼ヘッドコーチとして活動、 44歳であるBerhalter氏は、18年間でオランダ、ドイツ、イングランド、アメリカのクラブを渡り、2014年シーズンからColumbus Crew SCを率いています。

田村雄三監督はいわきFCを率いて2年目となります。田村監督はJリーグ湘南ベルマーレ等でプレーした経験を持ち、2011年に引退、コーチの道へ進みました。昨シーズン、田村監督率いるいわきFCは天皇杯で北海道コンサドーレ札幌に見事勝利をしました。

Vancouver Whitecaps FCのCarl Robinson監督は就任以来、5年目に突入します。元ウェールズ代表選手の経歴を持つ41歳は、イギリスで11年、MLSで5年間プレーし、2011年のシーズン後に引退をしました。

6.ワールドカップイヤーとして

今夏は、世界最大のスポーツイベントの一つである、2018 FIFAワールドカップが6/14 (木) から7/15(日) までロシアにて開催されます。各国代表チームの戦いとして、Pacific Rim Cupでプレーする選手の中にも、このワールドカップ大会で過去にプレーをしたことがある、そして今後この夢の舞台に立つ事を目指す選手が多数存在します。

Columbus Crew SCのGregg Berhalter監督とアシスタントコーチであるJosh Wolffは2002年の日韓ワールドカップ、2006年のドイツ ワールドカップで米国代表のメンバーとしてプレーした経験があり、また同チームのディフェンダー、Jonathan Mensahは2010年南アフリカと2014年ブラジル、Harrison Affulは2014年 ブラジルをガーナ代表として戦いました。

北海道コンサドーレ札幌コのミッドフィルダーの小野伸二選手は、1998年のフランス ワールドカップで日本代表としてわずか18歳でワールドカップデビューを果たし、2002年、2006年のワールドカップにも出場。また同チームの稲本潤一選手は2002年日韓ワールドカップで2得点を挙げ、2006年と2010年のワールドカップでもプレーをしました。

Vancouver Whitecaps FCには現在、それぞれの代表チームが2018ワールドカップ出場を決めるのに重要な役割を果たした2名の選手がいます。先ず同チームのキャプテンでディフェンダーのKendall Wastonは、今夏のロシアでの母国のコスタリカの出場を決めるゴールを決め、 2014年ワールドカップの準々決勝に進んだコスタリカは、ブラジル、セルビア、スイスと共にE組に入りました。Yordy Reyna選手は、2018年 ワールドカップへの出場を11月ニュージーランド代表を下し決めた、ペルー代表チームのメンバーです。ペルーは36年ぶりに世界最高峰の舞台に復帰、フランス、オーストラリア、デンマークと同じグループCに入りました。またAly Ghazal(エジプト)、Bernie Ibini(オーストラリア)、Nosa Igiebor(ナイジェリア)も各国代表チーム